サメが広告を食べる!?なんだコレ!!な海遊館の広告の狙いは?

 


大阪の水族館「海遊館」の広告が斬新だとネットで話題になっています。

まずは見て貰う方がいいと思いますが、これが実は今回に始まったことではないんだとか。

既に乗客が投稿したTwitterが1万回のリツイートを集めるなど話題になっているモノを探ってみました。

シャークワールド

今回話題になったのが、特別展の「シャークワールド」の広告です。

【25周年特別展示「シャークワールド~ハンターたちの捕食に迫る!~」開催概要】
《開催期間》 平成27年7月17日(金)~平成28年5月8日(日)
《時  間》 海遊館営業時間と同じ
《場  所》 海遊館エントランスビル4F新体感エリア内
(引用:公式サイト

サメの“捕食”をテーマにした特別展でエントランスが巨大サメによってボロボロにされたケージで作られていたり、水槽内でサメがエサを食べる様子をカメラでライブ撮影できたりと、何でも食べてしまうサメの生態が体感できる内容になっています。(Y!NEWS)

で10,000回近くリツイされているのがコチラ

しかしよくできてますよね~。。

これって裏がになりません?

スポンサードリンク

で裏の画像がコチラ

150731_shark1

(引用:ねとらば

シュモクザメ&ホオジロザメが見事に両方から食い破っている演出!

デザインの担当者としては、「捕食」ということで、ポスターそのものを食い破る表現がしたかったとのこと。

文字が何書いているかわからないのが残念だけど、訴求は十分ですね。

これってやっぱり「妄撮(もうさつ)」になるんですかね。。

妄撮(もうさつ)

「同じポーズで露出度の低い画像と高い画像が重ねあわされ、部分的に露出度の高いほうが見えている」という表現のイラストにつくタグ。(引用:pixiv百科事典

150731_mousatu1

(引用:まとめNEVER

150731_mousatu2

(引用:まとめNEVER

この手法はグラビア革命って言われたようですが、確かにはじめてみた時は衝撃でした。こういった発想なかったですもんね。

考えた人スゴイ☆

スポンサードリンク

過去の広告

2014年春にも同じく海遊館が開催した「体感!熱帯雨林」展のポスターとして、ナマケモノが電車内にぶら下がっているように見える中吊り広告を制作されたとか。

実際Twitter上では探しきらなかったのですが、デザイナーさんのブログから見つけました。

それがコチラ

150731_nettai

(引用:デザイングラフ

たぶんこんなんが下がっていれば、絶対目を引きますよね!

ホント考えた人には感心します。

こういう加工も昔では無塚叱ったかもしれませんが、最近では結構簡単にできるみたいですね。

新しいものに目を向けていたからこそでしょうか。

 

大阪は私の第2の故郷なので、結構長い間開催されているみたいなのでいってみたいっすね☆


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。