内閣府キャリア官僚変死事件。やはりスパイだった?!意外な事実が判明

 


今年(2014年)1月に北九州市若松区沖でゴムボートとともに

内閣府のキャリア官僚男性=当時(30)=が遺体で見つかる事案

がありました。

そのときは、全く情報が出てこずスパイなのでないかと

物々しい雰囲気になっていたのを覚えています。

スポンサードリンク

それが先月(9月)に海保が「遭難による溺死で事件性はなく、捜査を終結した」

との報道。

プライバシーにより詳細は伏せられていましたが、このほど驚くべき

報道が飛び込んできました。

 

事件あらまし

 

・内閣府のエリート官僚が真冬にゴムボートで遺体で発見。

・その官僚の所属は内閣府ではあるが情報活動機関ではない。

・当該官僚は米国へ留学中であったはず

・内閣府へ報告なく韓国へわたっており、そこから入国しようとしていた。

 

捜査体制

・捜査関係者にかん口令がひかれていた

・日本政府は動かず、捜査も海保任せにして、警察もほとんど動いていない。

・韓国政府に捜査要請していない。

 

この捜査体制から憶測が憶測を呼び込み次のように

言われるようになりました。

 

A氏は海外の経済情報を集めるスパイだったのではないか。

その情報収集・ 工作中に何らかのトラブルにあったということ。

だからこそ、日本政府は動かず、捜査も海保任せにして、

警察もほとんど動いていない。韓国政府に捜査要請しないのも

その証左だ。そもそも、彼の氏名すら公表されていないのはおかしい。

 

スポンサードリンク

また、韓国の情報機関が入国し情報を知らないにもかかわらず

同人物が死んだというようなことを話していたと言う情報もあり

さらに尾ひれがついた形になったようです。

 

その後、しばらく報道はなかったのですが

先月ふと解決の報道が出ました。

そのときは詳細がプライバシー保護の名目で伏せられていたため

扱いは大きくなかったように思います。

 

事件の真相

先月の決着報道から1ヶ月。

びっくりな真相が飛び込んできました。

 

なんと、今回の事件の真相は

 

官僚の不倫愛憎劇だった!というのです。

 

その概要がこちら

・結婚前に本命の彼女がいた。

・別の女性を妊娠させ授かり婚(デキ婚)となる。

・逃げるように海外留学。

・本命の女性と復縁するため邪魔になった嫁を屠る計画

・海外へいるはずの者が疑われるはずがないと
思ったか決行。

 

どうでしょう。

にしても、真冬の玄界灘をゴムボートでわたろうなんて

まさに命掛けですよね。

 

実際、企みは幸いに実らずに終わったのですが。

これが本当だとしたらなんだかなぁ~って感じですね。

 

そこまでして、取り戻したかったのでしょうか。

 

みずからの不貞により責任を取るのではなく

なきものにしようと考える算段。

 

人が亡くなっているのにもかかわらず

不謹慎かもしれないですが

まさしく昼ドラのようですねw

 

愛人として付き合ったりなどできない

ある意味まじめな方だったのでしょうね。

 

何はともあれご冥福をお祈りします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。