原田麻子かき氷の女王とあの秘密が!これを見て夏に備えよ!?

   2015/10/20


梅雨が明けが近づき、夏真っ盛りとなる直前。

かき氷の女王こと原田麻子さんが「マツコの知らない世界」で取り上げられます。

なぜそのように言われるのか、不思議な彼女と、あの秘密を追ってみました。

スポンサードリンク

プロフィール

150714_sak

名前:原田麻子
生年月日:謎
出身:謎
職業:OL

ちょっとというか、かなり!?物足りない紹介ですが、今回の放送に先立ってちょっと前までは公開されていたInstagramやTwitterのアカウントが既に「非公開」となっていました。

恥ずかしがり屋さんということで、今回はこれでご勘弁をm(__)m

さて、彼女がなぜかき氷の女王と呼ばれるのかですが昨年食べたかき氷の数が半端ない。

2013年1002杯。2014年1415杯。2015年は次の通り
1月166杯
2月155杯
3月148杯
4月156杯
5月163杯
6月129杯

一日4杯以上という数orz

毎食後のデザートという感じであれば納得なきもするのですが、番宣では10杯以上食べたことも取り上げられています。

圧巻ですねw

このかき氷好きが功を奏して、セレブなイメージの世界的ファッション誌「VOGUE」にてかき氷の記事を書かれたりもしているようです。(参考:VOGUE

このかき氷ブームの火付け役とされているのが「かき氷コレクション」です。

なんでも、「かき氷が四季を通して楽しめるスイーツである事を発信」するイベントをされているとか。

四季ごとに全国主要都市でイベントをされているようですね。(http://www.kakicolle.com/@tokyokakicolle

かき氷にはとんでもないものがありました。

150714_grankaki

(画像引用:GRAND HYATT)

これ一流ホテルのGrand Hyattで昨年(2014年)に提供されていたかき氷。

「石垣島天然マンゴー添え羽衣ミルクかき氷」で、なんと¥2,400円!!!

石垣島産のビニールハウスではない自然栽培!?に使われる糖度が高い希少なものをつかっていたり、ツバメの巣がシロップに使われていたり超贅沢!

気になるのは今年の作品。

それがコチラ

150714_grankaki2015

(画像引用:GRAMD HYATT)

今年は「燕の巣と羽衣かき氷をまとった烏龍茶のブリュレ 塩トリュフカラメルソース」で¥2,000!

昨年よりはリーズナブルになりましたが、やっぱりハイアットw

食べてみたい気はしますが、カラメールソースはあたたかいソースらしく、冷たいものは冷たく。

温かいものは温かくして食すべきという私の食欲はなかなか刺激されませんw

にしても、最近は暖かいのと冷たいのを一緒にっていうのがよく聞きますからね。

一度は試してたいとは思います♪

あの秘密

さて、かき氷を食すうえで避けられないのがあの「キーン!」です。

誰もが一度経験していることと思いますが、意外とあの仕組みは知られていないですよね?

そこで、ザクッと調べてみました。

アイスクリーム頭痛

あの事象を「アイスクリーム頭痛」と呼び、医学的な正式用語みたいですYO!

スポンサードリンク

【原因】

冷たさによる刺激が強すぎて、三叉神経から脳への感覚信号の伝達が混乱し冷たさを痛みとして錯覚してしまう。

急激に冷えた口内を温めるために、血の量を増やすために太くなった頭の血管に一時的な炎症がおきる。

前者は錯覚で実際は痛みを感じていないのに対し、後者は実際に痛みを感じる。

どちらも有効な説としてされているようです。

発生の割合としては、片頭痛のない人は3割で起こるのに対し、片頭痛のある人では7割に起こると報告されています。(参考:頭痛の種明かし

【対処法】

カキ氷の器を10秒間、おでこに押し付ける。(参考:伊藤家の食卓の裏ワザ

舌を口の中の上の部分に押し当て、血管を早く温めるようにすると良いです。(参考:LifeHucker

高温多湿な場所で急激に冷たいものを取るとこの事象が起きるようなので、ゆっくり味わうことが予防になるようですね。

感想

最近よくみるふわっふわなかき氷ですが、アレはアイスクリーム頭痛が少ないと聞きます。

今回調べて思ったのですが、従来のかき氷とくらべてスプーン一杯の氷の実量がすくないためじゃないでしょうか?

こうやって見てみるとかき氷って意外と奥深い!?

まだ食べたことないので今年の夏にはふわっふわを経験してみたいと思います♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。