犬山紙子が語るプロレス女子へのすすめ。彼女の肉食ぶりを目撃!?

   2015/07/26


最近「プ女子」なる文字を見かけますが、なんなのか。

それは「プロレス女子」(そのまんまw)

草食系男子がもてはやされていた昨今。肉食女子が注目を浴び始めています。

エッセイストの犬山紙子さんがその魅力を語っています。

スポンサードリンク

150209_kamiko

生年月日:1981年12月28日
出身地:兵庫県(育ちは宮城)
公式ブログ:犬山紙子のイラストエッセイ
twitter:@inuningen
ブロガー、コラムニスト、エッセイスト。

wikiによると以前は地元の宮城で出版社に勤めていらしたようですが一身上の都合で退社されます。

モデルやタレントなどの友人が多く知人から勧められて始めたブログが人気を呼び書籍化されるまではニートとして過ごされていたと紹介されていました。

一般の方のブログが書籍化されたのもモデルやタレントの友人が多く、「美人にもかかわらず負けている恋愛エピソード」を収拾し、ブログのネタにするという目の付け所が良かったようですね。

ご本人も「美人なのに豪快な漫画家」と称されたりしているようですが、自分は「負け美女」ではないとおっしゃっているようです。

画像は公式ブログから引用させてもらいましたが、かなりきれいな方ですね。

プロレス好き

いまではプロレス好きが知れ渡っている彼女ですが、はじめてみたのが2年前とのこと。

初めは怖いともっていたようですが、ルールもわからないまま見てみたところ、そのエンターテイメントさに大興奮し「ワー」「キャー」叫んでストレス発散になると、のめり込んでいったようです。

「私的にはジャニーズに萌えるのと同じなんですよね。男たちがわちゃわちゃしてるのが好きで、それを眺めるのが至福」

とその魅力を語っています。(参考:Newsポストセブン

そんな彼女のおすすめは棚橋選手だとか

150209_tana

(棚橋選手)

最近のプロレス

自分のプロレスのイメージは金曜の19:30~TV放映されていて、ばーちゃんがギャーギャー言いながら見ていたイメージです(汗

スポンサードリンク

そのばーちゃんも高血圧のため控えるように言われていましたが、隠れてみていましたw

最近は深夜枠に追いやられている感が否めないプロレスですが、エンターテイメント性を求めておもしろいことをされているようです。

路上プロレスと称し、いろんな場所でプロレスが行われるのです。

その一部として、「遊園地」や「デパート」があります。

その時の動画がコチラ

どうです?

マットの上ではないのでかなり痛そうでもありますが、エンターテイメントとしてみれば興味ひかれますね。

ちょっとDVD借りてみてみたい気になりましたw

私生活

「負け組」ではない証拠!?として、昨年音楽プロデューサーの方とご結婚されたようです。

その時の知人の方のtwitterを見つけました。

すさまじい肉食感w

wikiにある「美人なのに豪快な漫画家」というソースをみたようでしたw


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。