赤塚真人暴走族の息子と俳優廃業の原因となった相手が判明?!

   2017/01/02


行列で赤塚真人さんが出演されます。

番宣を見たところ何やらお子さんが暴走族になり、更生して介護士になるまでのことを話されるようですね。

気になって調べてみたところ、意外な一面が見えてきましたのでまとめてみました。

プロフィール

150920_akatsuka

名前:赤塚真人
生年月日:1951年3月19日
出身地:茨城県
身長・体重 169cm・69kg
所属:八田プロダクション(2016年5月移籍)

ブログ:赤塚真人のたそがれホロホロ

名前だけでは正直わかりませんでした^^;

ですが、画像を見て30代-の方であれば「あー」と思う方ですね。

主役という方ではありませんでしたが、いろんなドラマでよくお見かけしていました。

最近はあまりTVではお見かけしていませんでしたが、劇団を作り後進の指導に当たられているようですね。

意外な過去

wikiでみてもずっと出演作品があります。

ですが20前半のころ主役俳優と衝突し、その責任を取り俳優を廃業し、調理師や左官として働いていた時期があったようです。(参考:荒井幸博オフィシャルウェブサイト

その後、山田洋二監督の「同胞」で復帰されることになります。

お相手は?

気になりますよね。

wikiからみると、*「同胞(1975年公開)」の公開の3年間TVドラマには出られていますが、映画には出演されていません。

そこでその映画は「高校生無頼控(1972年公開)」と思われます。

で、この「高校生無頼控」が3部作なのですが「2部」「3部」公開が1973年。

よって、そのお相手というのは「高校生無頼控」の1部作の主演ということになります。

その方は

スポンサードリンク

「沖 雅也」さんということになります!

150920_oki

(画像引用:ラフィ

「太陽にほえろ」や「必殺シリーズ」にも出演されていた俳優さんです。

人気絶頂の1983年に31歳という若さで自殺されてしまったようです。

ちょこっとだけ調べてみたところかなりストイックなイメージのある方でした。

「高校生無頼控」でも1作のみでその後主演は変わっています。

やはり厳しい方だったのではないかと思われ、赤塚さんとはあわなかったのでしょう。

子供たち

赤塚さんには2人のお子さんがいらっしゃいます。

「一姫二太郎」

その子供が8歳と5歳の時に母親が、突然蒸発。

いまでは番組で次のように笑いにしています。

「子供が幼い時に、妻は買い物に出かけて帰らないまま15年が過ぎ去った」

当時は、調理師の免許を生かして俳優をやめラーメン屋を開こうと決意していたんだとか。

しかし長女が

スポンサードリンク

「テレビに出ているお父さんを見るのが楽しみなの。俳優を辞めないで」

と泣いて懇願してきたことから俳優を続けることにされたようです。

その後、茨城県筑波郡伊奈町に引っ越し子供たちとの時間をつくるため遠方でのロケなどは断って家庭も大事にされています。

長女が高校に、長男が中学に進学して手がかからなくなってから俳優業を本格的に再開されます。

90年代に露出が少なくなったのもそういったことがあったんですね。

ただ、長男は中学生。まだまだ多感な時期。

俳優業に力を向けたことから家を空けガチになったためでしょうか。

長男が暴走族に入ってしまいます。

まだネットの情報ではその詳細は見当たりませんでした。

現在では構成して介護士として働き、番組で手紙を公開されるとか。

 

私の知り合いにも昔悪く更生した人がいますが、その人は現在はかなりなやり手です。

悪さ加減にもよるでしょうが、そういう方というのは成功する人が多いのも事実。

素敵なお父さんになるといいですね☆


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。