孫正義は「大ボラ」吹き?!カルビー会長の意図とは?

 


「経営者通信」32号でカルビー株式会社代表取締役会長 兼 CEOの松本晃氏のインタビューの中で

 

経営者の仕事は夢づくりです。ぜひ従業員がワクワクするようなホラを吹いてください。たとえば、柳井さん、孫さん、三木谷さんは“大ボラ吹きの大夢語り”でしょう?

と言っています。

スポンサードリンク

単純にうそつきといったような悪い言葉でののしっているのではなく、大きな夢を語っているという意味で言っているんです。

 

自分に制限をかけるのではなく、本気で強く思うことで成し遂げられるといい意味で使っていると。

 

孫社長は創業当初バイトが2人しかいない時に

豆腐屋さんの心意気でやるぞ!豆腐を1丁、2丁と数えるのと同じように、1兆、2兆と数えられるような規模の会社にする。これからはコンピュータの時代が来る。情報革命で、すべてが圧倒的に変わる時代がくる。そのためにやるんだ

と言ったそうです。

 

その言葉を発した時点では、単に大ぼらと言われても仕方ないでしょう。

しかしながら、圧倒的な行動力をもって実際に成し遂げてしまったのです。。

 

孫氏のツイートの中で

ほら吹きと嘘つきは、似て非なるものである。常人では信じられない程の夢や志を語り、万が一達成出来ない時それは、ほら吹き。しかし、そこには夢や志がある。明るい願望がある。現実を見れない阿呆かもしれないが、前進の可能性がある。

とつぶやいてます。

スポンサードリンク

いろいろなことがネット上では言われたりもしているが、有言実行。

 

簡単に思えるが、なかなかできない。そのまま突っ走っていける行動力を見習いたい。

 

 

 

心配どころもあるが、つるっぱしってほしいw


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。