池袋東口 ZARAに車が突っ込む!犯人逮捕の瞬間が!?原因は?

   2015/08/17


東京の池袋東口に暴走車両が突っ込んだとか。

お盆休みの最終日にまだ人は多かったのではないでしょうか。

概要を調べてみました。

スポンサードリンク

場所

池袋駅のすぐ近くですね。

16日午後9時35分ごろ、東京都豊島区東池袋の歩道に乗用車が突っ込んだ。東京消防庁などによると、この事故で少なくとも6人がけがを負い、うち2人は重体という。警視庁池袋署が事故原因を調べている。(参考:産経NEWS

この騒動にTwitterではたくさんの画像が出回っていました。

犯人逮捕の瞬間

取り押さえられているのは男性みたいですね。

tweetを見ていると、脱泡ハーブではないかと噂になっていますがこういう人って罪は問われるんでしょうか。

現場画像

凄い数の救急車。

現場の緊張感が伝わってきますね。

脱法ハーブによる事故の増加

2011年までは0件だったのが2012年には19件19人。

2013年には38件40人と倍々で増えています。

罪状は?

危険運転致死傷罪(最高刑懲役20年)か自動車運転過失致死傷罪(最高刑懲役7年)

というのがおもな罪状なようですが、今回は「過失運転傷害罪」で50代の男性を逮捕したとのこと。

7年以下の懲役・禁固または100万円以下の罰金。

どうも「過失」ってのが腑に落ちないですよね。

明らかに突っ込んでんのに、また変わることもあるのでしょうか。

スポンサードリンク

ただ前者には「正常な運転が困難な状態」という要件があり立証が難しいのが実情だったようです。

昨今の不埒な輩の状況を見て、「正常な運転に支障が生じるおそれがある状態」となり、事実上要件が緩和され悪には鉄槌が下せる状況になってきているようです。

また、発覚免罪罪というのも創設され、薬や薬物の影響で事故を起こした場合に発覚を免れようと逃走した場合などに適用される罪。(最高刑は懲役12年)

これまでの事故と判決

[大阪福島区の商店街での危険運転事件]

2012年5月23歳の男性被告。レンタカーを大阪福島区の商店街で暴走させ70代女性に重傷を負わせた事件

懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑・懲役3年6月)。

[静岡県藤枝市の危険運転事件]

脱法ハーブの影響で意識が変調したまま軽乗用車を運転、対向車と衝突し、無職女性(46)に胸部骨折の重傷を負わせた事件。

運転者は懲役1年4月(求刑懲役2年):脱法ハーブ提供者は懲役1年、執行猶予4年(同1年)

[愛知県日進市で発生した危険運転事件]

脱法ハーブを吸って運転した乗用車が中央線をはみ出し、ガードレールに衝突後に女性が運転する対向車に衝突。さらに女性の車を押し戻して後続車と衝突させ、女性と長男に、それぞれ首などにけがをさせた事件。

懲役2年、執行猶予4年

[愛知県春日井市危険運転事件]

市道で脱法ハーブを吸って車を運転し、女子高生をはねて死亡させたとして、危険運転致死と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた会社役員、堀田裕也被告(31)の裁判員裁判で、名古屋地裁(松田俊哉裁判長)は10日、懲役11年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。

(参考:弁護士小森榮の薬物問題ノート

怪我ですみ初犯であれば執行猶予みたいですね。

死亡事件については11年の判決がでています。

 

今回はまだ死亡者は出ていないようですが、しっかり罪を償ってほしいものですね!

【追記:2015/8/17】

取り調べの中で疲れて居眠りをしてしまったと話しているとのこと。

居眠り!?

後日またあきらかになるのでしょうが、先ほどの画像のように何人もの警察官に取り押さえられますかね。。。

ちょっと疑問の残る報道でした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。