佐藤涼子ことりょんりょんさんの独自のボイトレの秘密とは!?

 


録画を見ていたらオモシロいお姉さんがいました。

その名もりょんりょんこと、ボイストレーナーの佐藤涼子さんです。

興味をもったのもその独自の発声練習方法。『オタケビ発声』を見てからでしたw

「Let It Go!」のカラオケをみんなで練習するという企画だったのですが、森三中の黒沢さんとりょんりょんが「おぉ~ぉ!」「ぉおぉ~~ぉ!」と、叫びあう掛け合いが何とも言えませんでした。

スポンサードリンク

どういったモノかはyoutubeでUPされていたので、みてみてくださいw

どうです?こんなんされたら興味持つでしょ!?

ってことで佐藤涼子さんについて調べてみました。

プロフィール

150124_ryonryon

名前:佐藤涼子(ニックネーム:りょんりょん)
生年月日:1963年7月25日
出身地:山形県
twitter:@ryon2sensei
公式HP:Ryon2’s Voice Farm

国立音楽大学声楽科卒業。
二期会オペラスタジオ32期生として学び、数多くのオペラやミュージカルの舞台で活躍。
クラシック枠を越えて音楽活動の幅を広げ、ゴスペルコーラスグループのメンバーとして、各種ステージやTV、CMに出演。
東芝EMÌから自らアレンジを手がけたCDやアルバムもリリースした。
デビュー前のアーティストや数多くの有名アーティストに独自のボイストレーニングを実践中。

こういったら語弊があるかもしれませんが、オペラ出身の正統派の方なんですね。

TVで見たときの黒沢さんとのノリからは想像がつきませんでしたw

経歴も昨年(2013年)でトレーナーとして25周年を迎えられ、かなりのベテランさんのようですね。

毎年TMRの西川貴教さんと共同で新年会をされているようで、今年も200人以上の方が集まられたようで人望もうかがえます。

担当アーティスト

どんな方のボイトレをされているかというと、今であれば昨年の紅白に初出場し以前ブログにも紹介したMay J.さん

他にも音楽関係に疎い私でも知っているアーティストを拾ってみると

大黒摩季/MINMI/青山テルマ/木村カエラ/加藤ミリヤ
土屋アンナ/Superfly

吉井和哉/若旦那(湘南乃風)/SHOGO(175R)/DAIGO(BREAKERZ)
黒田俊介(コブクロ)/光永亮太/クレイ(キマグレン)

個人的にはこの人うまいな~って思っていた人が数多くいらっしゃるところからも垣間見えると感じました。

歌道

りょんりょんさんのお弟子さんによると、その指導は「和」であり「道」なのだという考えがあるようです。

『歌の真(芯)を作るのは、人間の真(芯)を作る事』と説かれていて

単にボイストレーニングという声を出す技術だけでは十分ではなく、「心の開放が喉の開放」につながるという考えから、心を磨く事ケアする事。

そして、体のケアと体作りと言う部分を非常に重要なこととして指導されています。

『メンタル面』『フィジカル面』『テクニック』この3つが揃わないといい声・歌にはならない。

その考え方から茶道・華道などのように心を磨く「道」となぞらえているようですね。

詳細はコチラにありましたので、詳しくはこちらをご覧ください。⇒ Ryon2’s Voice Farm ブログ

心ふるわせる歌声

youtubeで素人さんが歌っているのをUpされているのを見ますが、そこで見つけた動画が後日TVで紹介されていました。

 

大好きな母親がクラブシンガーでその歌を聴きながら育った少女。極貧でしたが、母親と歌いながら一緒に過ごせることに幸せを感じていました。

小さいながらも地元のカラオケ大会に出場し優勝して賞金を得ては家計をたすけていました。

スポンサードリンク

月日は過ぎ、奨学金で大学に進学しアルバイトでクラブ歌手をしていましたが、卒業と同時に銀行に内定が決まります。

歌うのが好きな彼女は内定を受ければ母親に楽をさせてあげるが、大好きな歌を歌うことがあきらめきれないでいます。

その彼女の気持ちに気づいていた母親の「お母さんのことは気にしないでいいから心のままに生きなさい。」という言葉に決心し歌手を目指します。

しかしながら、オーディションを受けてもその見た目からスター性がないと判断され日の目を見ることができません。

落ち込むゼンディさんを元気づけようとショッピングモールに買い物に行くのですが、母親の用事を待っているときに何気に歌ったときの動画がこちらです。

 

(フィリピンではショッピングモールにカラオケのデモマシンがあり、各々が自由に歌うのは一般的なようです。)

この動画をみたアメリカの番組プロデューサーから声がかかりアメリカの番組に出演後、ワーナーミュージックという超大手から契約の話が舞い込みデビューすることとなりました。

この人物はフィリピンのゼンディ・ローズさんという方なのですが、ネットで調べてみると、シンデレラストーリーとしていまでは結構有名になってているようですね^^;

150124_Zendee

感想

歌がうまい人ってたくさんいますけど、ゼンディさんの歌を聴いてやっぱり聞き入ってしまう人ってテクニックだけでなく思いをしっかり伝えてられてきている人なんだろうなと感じました。

やはり食べるためには銭のことを考えざるを得ないとおもいますが、伝えることで銭は後からついてくる。

りょんりょんさんの歌唱道も理にかなったものではないかと感心しました。

これからもおもろいねーさんでありながら、素敵な歌い手さんをそだてて欲しいですね♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。