ケント・モリやTAKAHIROなど世界で活躍するダンサーの年収は?

   2015/07/26


先月の24時間TVや先日のダウンタウンDXにケント・モリさんが出ていましたが、

最近ダンサーの方がTVに取り上げられることが多く目について

気になったので他にどんな方がいるのか調べてみました。

 

世界的に活躍されている日本でも知名度のある方としてお二方が知名度が高いようです。

そのお二方とは「ケント・モリ」さん、「TAKAHIRO」さんです。

スポンサードリンク

ケント・モリ

プロフィール

kento_mori

生年月日 :1985年3月3日(29歳)
出生地 :愛知県
公式サイト:KENTO MORI
Twitter:@kentomori1

18才から本格的にダンスを習い始めて3年後の2006年に単身渡米

翌年にはエージェント契約を結び2008年にはマドンナのワールドツアーに抜擢。

その翌年に2009年にダンスを始めるきっかけになったMJ(マイケル・ジャクソン)のオーディションで

30,000人の中から専属7人に選ばれたが、マドンナの専属契約があったため断念。

2010年から日本でも活動を始める。

きっかけ

ケントさんがダンスを始めたきっかけはマイケルジャクソンがきっかけのようです。

 

物心がついた時にはに母親がよくマイケルジャクソンのCDをかけており

その音楽には親しんでいたようですが、中学に入ったころTVでながれた「スリラー」のPVをみて

昔聞いていた曲が思いのほかカッコよかったと感じ、興味を持ってCDを勝ったそうです。

 

その1曲目で「ビリージーン」が流れ、衝撃を受け飛び起きて踊ったのがダンサーモリの誕生らしいですw

 

それにしても、本格的にダンスを習い始めたのが18歳。

そして5年後にはマドンナのツアーに参加しているなんてスゴイですよね。

 

まさに才能があったとしか言いようがありません。

 

逸話

憧れのマイケルジャクソンのワールドツアー「This is it」のオーディションに応募されました。

しかも審査の大きさがまた尋常ではない。書類審査で30,000人の応募があり、会場審査には3,000人が参加

世界各国からダンサーがあつまり、その規模からもマイケルの凄さが垣間見れます。

 

その後一次審査、二次審査、三次審査、四次審査、を通過し最終審査を終え最終の7人に

マイケルから最初の一人として呼ばれたそうです。

 

しかしながら、マドンナとの専属契約中でマイケルへの思いを知っていたマドンナからも

許可が得られると思っていたが、マドンナはそれを許さなかったそうです。

 

ケントさんは仕方なく断念しましたが、間もなくマイケルの訃報。

その後のマドンナのワールドツアーが「This is it」のスタート地と同じという偶然もあり

追悼としてマドンナからの要請で、マイケルにふんし披露したダンスがコレ。

 

この時のことを踏まえケントさんは、マドンナは人間味のあふれた人として感謝しています。

TAKAHIRO

プロフィール

ueno_takahiro

ニックネーム:TAKAHIRO(上野隆博)
性別:男
誕生日:1981年9月4日
血液型:A型
公式サイト:TAKAHIRO UENO
公式ブログ:http://ameblo.jp/takahiroueno/
ツイッター:@TAKAHIRO_UENO_

18歳の時に独学でダンスを始め、2004年に23歳で単身渡米。
2005年HIPHOPの聖地「The Apollo Theater」のコンテスト「Amateur Night」シーズンのダンス部門1位に輝く。
2006年NBCの全米放送番組「SHOW TIME AT THE APOLLO」で史上初の9大会連続優勝し殿堂入りを果たす。

スポンサードリンク

TAKAHIROさんも18歳からダンスを始めているようですね。

学生時代のころに出会ったダンスに熱中し、寝る間も惜しんで踊り続けていたとか。

初めはなかなかうまくいかず、「ウインドミドル」という技を習得するのにも1年かかったとか。。

ウィンドミドル

就職活動の時に 自分が一番打ち込んできたものは何かを考えたとき、ダンスしかないと気づき

単身渡米して名門のアポロシアターで快挙を成し遂げるという功績を残します。

その時の動画がコレです。

 

にしても、やはり才能がある人・成功する人は行動力が違いますね 。

また、マドンナのツアーにも同行しているようです。

調べてみたところ、ケントさんと同時期のツアーに同行しているようで同じ日本人として誇らしいw

 

気になる年収は?

下世話な話ですがこういった世界で活躍する方の収入ってどんなものでしょう。

 

やっぱり気になりますよねw

 

TAKAHIROさんがTV番組で言っていたのですが、

 

1分踊って100万というギャラがある。実際受けたこともある。

マドンナのバックダンサーは世界最高峰の金額。

稼いでいるダンサーは1億稼いでいる。

 

うーむ。。すごいですね。

1分で。。ま、そこまでになる過程にかかった費用もあるので苦労のたまものですね。

 

また、実際TAKAHIROさんは実業家としても活躍されているようなので、ダンサーとしてだけの収入

というわけではないでしょうが、すごいですね。

 

やはり芸能というのは夢が膨らむ世界。

今後の活躍に請うご期待☆

あの世界的番組のGodTallentで優勝のエビケン⇒”エビケンこと蛯名健一のルーツ!気になる家族の存在は?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。