ランドローバーのランディー驚きの結末?!オークションで何が!?

 


これまたアンビリですが、好きなんですよね。

こういうドキュメント系番組w

このお話は、ニュージーランドの大学に通っていた大学生4人とその家族。また、素敵なサポーターが織りなすバレンタインの物語でした。

はじまりの物語

ニュージーランドのオタゴにある大学に通う4人組みの物語です。

4人の名前はウイル・ラドフォード、ジェレミー・ウェルズ、アンソニー・ドーソン、 ジェームズ・シャットウェル。

彼らは今の日本ではなかなか考えられない!?共同生活をしていました。

大学一年の時、ジェレミーが製造から43年経ったランドローバー社のオフロードカーを見つけます。

4人はとても気に入り、なけなしのお金で購入します。

スポンサードリンク

よくあるのですが、お気に入りの道具に名前を付けるという習慣w

彼らも手に入れたオフロードカーに「ランディー」と名前を付けます。 150730_fourth

4人は週末のたびにこのランディーと共にあちこちへ旅をするのです。

150730_fourth3

  150730_fourth4

まさに学生生活をランディーと共に歩んだって感じですね。

その後卒業することになり、みなオタゴを離れることになります。

金銭的な問題からも、ランディーを維持することは難しかったのですが、どうしても手放せない彼らでしたが、ウィルの叔父さんが預かってくれることになります。

その9年後、結婚を機にその「ランディー」を引き取ることにしました。

しかし、年代物であり動かしていないランディーは痛みが激しく、修理費用もかさむということから4人は大事にしてくれる人に譲ろうとオークションへ出品することにしたのです。

150730_fourth5

プロジェクト始動!

そのオークションをたまたま見たランドローバー社の社員が、その紹介文をよんで感銘を受けます。

ウィル・ラドフォードがTradeMe(オークションサイト)に投稿した心温まる話は、ウィルを含めた4名の親友にとって、このクルマがどれほど大きな意味を持っていたのかを表していました。(引用:LandRover公式サイト

その内容が原文(一部)だとコチラ

Dear Landy, this is a painful letter to write but unfortunately the time has come to say goodbye,

It’s not you, it’s us. We can’t love you like we used to. We all have changed a lot over the years which has made me stronger (sorry you’re a little worse for wear.)

We thought a couple of years ago we were making progress as we began to rebuild, however we have moved on and can’t give you the attention you need.

As we think back there have been many good times that we will cherish. From day one, after pooling together student allowances and other miscellaneous incomes, you turned life from a normal student existence to a legendary story. You turned normal students into men with groupies. You changed our world.

ザクッと訳すと

親愛なるランディ

この手紙を書くのはつらいよ。でも書くときが来てしまったようだ。

私たちは昔のようにあなたを使ってあげることができないんだ。

私たちは数年ですべての環境が変わって、強くなることができた。(すまない君は少し状態がわるいんだ。)

私たちは数年前新しい道を進み始めた。しかし、私たちが進んでいる間あなたが必要な注意を与えることはできませんでした。

思い出すと大事にしてとても楽しく過ごしたね。

私たちの収入をためて、君が来た初日から普通の生活から素晴らしい伝説の物語に変わったんだ。

君が普通の学生生活から楽しい生活に変えてくれた。

君が世界を変えてくれたんだ。

ってところでしょうか。

たぶん違うけどなんとなくなんで、どなたかかっこ良く訳してくださる方コメントをm(__)m

スポンサードリンク

ランドローバー社のスタッフはウィルの奥さんにコンタクトを取り、ひそかにとあるプロジェクトが開始されます。

なんと、ボロボロになったランディーを修理してこっそりプレゼントしようというものでした。

その時の動画がコチラ

そのプレゼントを渡す時のドッキリがアツい

本人たちは落札者が修理した映像を送ってくれたとでも言っていたのでしょうか。

それまで彼らが巡った場所を走行テストと称して走り回る映像を見せ、最後に「ハッピーバレンタイン青年たちよ!鍵はクレア(ウィルの奥さん)が持っている」という演出。

150730_rep1

(思い出)

150730_rep2

(修理後)

それに

150730_rep3

(思い出)

150730_rep4

(修理後)

 

動画の最後の彼らの喜びようはすごく涙ぐましいでしたね☆

アンビリ事件簿⇒”静岡地下街爆発事故!死傷者238人衝撃映像が公開!乱流現象とは?

番外

43年ものの車って言ったらかなりお古ですよね。

今の日本ではどんなものがあるのか探してみました。

150730_zip

(引用:車選び.com

 

ちょうど2015年から42年前の1973年式の三菱ジープです。

価格は「応相談」

やっぱり古いものはビンテージがついてそれなりにしますね。

日本ではその感覚ですがアメリカでもやはり高かったんでしょうか。

感想

今回はランドローバーの直系の車種が製造終了する年ということも重なってのことだそうですが外国の企業ってにくいことしますよね~。

日本の企業ってこういうことなかなかしない印象があります。

していてもなかなか知らないということは、露出不足orz

することでかなり印象良くなるんでしょうけどね。

どこかしてくれること期待したいですね♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。