日本映画の代表ともいえるゴジラ!ハリウッドで再リメイク今回の評判は!?

 


1954年から日本のSF大作として、60年を迎える今年。ハリウッドで再リメイクされた作品「GODJILLA-ゴジラ」が好評上映中だ。

スポンサードリンク

前作を映画館で見たが、あまりの原作ゴジラとの形状の違いに驚いたが、今回は原作を踏襲する姿で安心感を得たのは自分だけではないでしょう。

前作は原作側から出される諸々の条件に嫌気がさし、制作側がNGを見込んで出した企画が通ってしまったというスタートの経緯があったようで、なんだかパッとしない印象があったのも納得。

今回は原作を踏襲し放射能との因縁もしっかりと描かれているとのこと。

主演の渡辺健さんも

(声がかかったときは)ゴジラですかぁ……、という感覚は正直ありました。でも、もちろん僕らはゴジラが生まれた理由を知っています。原発事故があった国の俳優がゴジラをどう解釈すればいいのか、それは一応監督に訊いてみたいと思って話をしたんです。するとギャレス・エドワーズ監督は、ゴジラが生まれた背景や広島や長崎のことも知っていたし、福島についても理解が深かった。それを聞いて、日本人の俳優としてやらなければいけない作品ではないか、とギュッと針が振れました。

スポンサードリンク

好きな俳優さんがこのような思いで撮影されていたのを知り、見てみたい衝動にかられました。

なかなか登場しないようではありますが、ゴジラの描かれ方が日本人の自分にとってうれしい描かれ方がされているとかいないとか!?

 

最近映画から遠ざかってはいましたが、久しぶりにいってみようかと思いますー。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。