錦織報道違和感に炎上!?元フジアナウンサー長谷川豊の主張とは

 


錦織くん準優勝!優勝はできませんでしたが素晴らしい成績ですね。

以前も錦織選手に関するブログを書きましたが、正直あの時はここまで活躍するとは思っていませんでした。

そこで各社報道をしていますがそのなかで、炎上してしまったものが元フジテレビアナウンサーの長谷川氏のブログです。

スポンサードリンク

長谷川氏のブログ:「錦織選手報道に感じる違和感」

 

超簡単にまとめると

「日本人として嬉しい~」「日本人だから~」と、“日本人”だということを強く押し出す報道に、錦織が早い段階で世界最高のテニスアカデミーであるIMGアカデミーに奨学金をもってテニス留学することになったエピソードを紹介するとともに、「国籍は確かに日本人ですが、錦織選手はフロリダのIMGアカデミーがはぐくんだ天才です」

というもの。

このブログの最後に、

いつの日か、日本育ちの、日本人がちゃんと世界の大舞台でも活躍できる、そんな時が来ることを祈りたいです。

と締めくくっています。

これを見た読者は、「日本人だけどずっと日本にいたら結果は出していない。人生の半分は日本にいない。IMGにいったから出せた。それにもかかわらず「日本人・日本人」という報道に違和感を覚える。」という内容と取りました。

それにたいして、「ひねくれもん!」「素直に応援しろ!」などコメントやtwitterで炎上してしまったようです。

長谷川氏はそういったコメントを受けて

『「にわか」連中に告げる』

といった挑発的タイトルで、「自身は中学時代にテニス部で、錦織選手については今回大会以前に何年も前から応援している。このようなときだけ「同じ日本人だし~~!」ということでバカ騒ぎしているのに違和感を覚えたといっただけ。普段からもっとテニスを応援してほしい」といった内容で反論しています。

長谷川氏はどういった人物なのか?

プロフィール

hasegawa名前:長谷川豊
出身:奈良県
職業:フリーアナウンサー(元フジTVアナウンサー)

現在はキャスター以外に1,700以上も現場取材の場数を踏んだ経験から講演や執筆活動など広く活躍しています。

 

 

 問題発言

2009年9月26日に生放送されたフジのCS局のバラエティー「フジアナスタジオ まる生2009」で、

「この間までやってた外人よりずっと上手い」

と発言したことが、Youtubeや2chに取り上げられ差別だと騒動になる。

番組運営側はすぐに反省と謝罪を出したが、長谷川さん自身は滝川さんを攻撃するという思いはなかったため特に謝罪をしていない。

[補足]

放送禁止用語というのがありますが、なぜ!?というような内容がNGとなっています。

今回の例でいうと「外人」⇒ NG 「外国人」⇒ OK

ほかにも、「婦人」⇒ NG 「女性」⇒ OK

まとめているサイトがあったので、興味ある方はご覧ください。
放送禁止用語集

横領事件とその後

スポンサードリンク

フジテレビのアナウンサーが会社のお金を横領したという報道がありました。その渦中の人物です。

その事件のせいでアナウンサー職を解かれ、結局退社しフリーへと転向しました。

なんかそんな人いたよなー。とんでもない輩だ。などとふと思ったのですが調べてみると事実は少々違う事情がありそうです。

事件あらまし:
・「とある事情で家賃の一部を会社の仮払金で立て替えた。もちろんそれは全額返済するつもりだった」
・会社の労務担当と話を通しメールのやり取りをして明確に返済しようとしていた
・労務担当が変わったとたん「会社の金を横領している」と判断され説明の場を設けられることなくアナウンス職をはく奪

ということです。懲罰委員会も開かれたようですが本人からは事情徴収されず、証拠のメールも一切採用されていない一部の反長谷川ともいうひとったちだけで結成された委員会で裁かれた様子。

なぜ、一アナウンサーがそこまでのアンチができたのか。

以前ライブドアがニッポン放送を買収しようとしたときに起きた事件から何か雲行きが怪しくなった様子。

そのアンチは、入社前の女子アナの住所や携帯番号を週刊誌に売ったりしているらしき悪人。

詳細は出版された本に記載があるようで、ブログにも興味深く書かれています。

いずれにせよ巨大な組織にあらがうこれまでのイメージとは違う方のようでした。

 

まとめ

長谷川氏自体は悪い人ではないように思います。ただ、メディアで活躍されながらネットというメディアには恵まれていないようですね。

すべての人にというのは無理かもしれませんが、アナウンサーという言葉を使って伝える生業というのであればもっと上手にできそうなんですけどね。。

ファイト!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。