「半沢直樹」の近藤役で一躍時の人となった滝藤賢一。情熱大陸へ

 


こないだTVをみていて、今度特集されることになっていたのを知り気になって調べてみました。

「半沢直樹」に出演されていた時、鼻水を垂らしながら泣きじゃくる姿を見て正直「キモイ」と感じてしまいましたがそれってすごいことだと思いません?

役として演じてそれを見た人が感情を掴まれる。なかなかうまい役者さんじゃないとそこまで思わないと思います。

その滝藤さんを調べてみました。

スポンサードリンク

プロフィール

endo_kenichi

名前:滝藤賢一
所属:株式会社エージェントオフィスタクト
【略歴】
愛知県出身。映画『BULLET BALLET』で俳優デビュー。俳優・仲代達矢主宰の無名塾に22期生として入塾し、舞台を中心に活動。その後、映画『クライマーズ・ハイ』『セイジ-陸の魚-』『蟹工船』、テレビ『ストロベリーナイト』『SPEC』などに出演。幅広い分野で活躍の場を広げている。(参考:役者魂.jp

無名塾出身

役者さんの中の東大みたいなところで、非常に厳しい演劇塾に1998-2007まで10年在籍していらっしゃいました。

同期には真木ようこさん、内浦純一さんがいらっしゃいます。

真木ようこさんは、話題になるようなTVドラマへの露出が少ないからか、私は知らなかったのですが、『さよなら渓谷』で第37回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『そして父になる』で最優秀助演女優賞をダブル受賞するという快挙を成し遂げられた方です。

スポンサードリンク

内浦純一さんも真木さんと同じようにTV露出が少ないように思いますが、あのワハハ本舗の舞台などにもよく出ていらっしゃるようですね。

代表作:映画『クライマーズ・ハイ(2008年)』

1985年の日航墜落事故を題材とした作品で、滝藤さん演じるのは地元の地域記者の神沢役。極限に置かれた人間の狂気を演じるというまさにハマりどころ!?w

しかし、この映画のころも役者としてだけでは食べていけず、レンタルビデオショップでアルバイトをしていたとのこと。

その後、NHKの土曜ドラマの撮影で拘束が長くなったことからやめてしまったようですが、大河ドラマ『龍馬伝』の小松帯刀役や『踊る大捜査線』シリーズの中国人刑事役、連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の食堂の亭主役など脇役が次々と決まり実績を伸ばしていかれました。そして、2013年の「半沢直樹」で大ブレークとなったようです。

私生活

6年前には役者だけでは食べていけないという状態でしたが、2009年に無名塾時代の後輩で栄養士の女性と結婚。3男(2009年生、2011年生、2012年生)と1女(2014年生)の4児の父とのこと。

それまでの苦労は計り知れないものがありますが仕事と家庭。その両方を手に入れていまでは順風満帆!?のようですね。

見た目としては主役になるような華は感じられないですが、すでにドラマではなくてはならない存在になっているように感じます。

今後の活躍に期待です!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。