古木克明がモデル池端忍と離婚!その理由と現在は?

 


奥様の池端忍さんがTVで取り上げられるようですが、その元ご主人。

元横浜ベイスターズの古木克明さんを調べてみました。

スポンサードリンク

プロフィール

生年月日 1980年11月10日(36歳)
身長:182 cm
体重 :85 kg
出身:三重県松阪市
facebook:古木克明
Twitter:@BASEBALL_SURFER
公式サイト:http://baseballsurfer.com/

wikiにて調べてみると、書き方が荒いw

1998年度ドラフト会議にて横浜ベイスターズから1位指名(松坂大輔の外れ1位指名)

指名当日、福岡ダイエーホークス志望だった古木に、当時横浜の監督だった権藤博が直接挨拶に出向いた(権藤の挨拶については、東海地方在住である権藤が自宅に帰るついでだったという説もある)。

正直野球にあまり造詣がない自分としては「外れ1位」という言葉がマイナスの印象を持ってしまいました。

外れ一位

知らない人のために説明すると

・○○球団がA君がほしい!
・◇◇球団もA君がほしい!

この場合、交渉権の抽選が行われるんです。

そして、抽選に当選したほうがA君を指名できる。

外れたほうは、んじゃ次B君で。

っという流れ

プロスポーツの世界では当たり前のことなんでしょうが、文字で見ると残酷ですね。。。w

さて、古木選手ですがwikiでのまとめを見た感想としては

・長打者。
・長打者だが(ゆえの!?)三振も多い。
・守備が苦手

といったところかと。

攻守でいえば攻めの選手だったのかな~という印象です。

2002~2003年ごろがピークだったように感じます。

その後、2007年にオリックスへトレードで移籍。

2009年に現役引退となります。

第2の人生

現役引退後にはなんと格闘家への転身を図ります。

その時には「野球に未練はない、世界を代表する格闘家を目指したい」と意気込みを語ってましたが、その2年後には球界復帰を目指すことになります。

2009年の戦力外通告後も「12球団合同トライアウト」を受け、球界に残りたい意向があったようですが、あいにく希望がかなわず体格の良さから格闘技へ誘われたのかなと思います。

野球に戻ろうとした理由をインタビューに次のように答えています。

  • 「死ぬかもしれない」という恐怖に耐え切れなかったこと
  • 格闘技のトレーニングをしているときも結局野球のことを考えてしまい、自分には野球しかないと気付いたから

スポンサードリンク

私生活

2005年に冒頭に述べたモデルの「 池端忍」さんと結婚され、1児を設けますが、2012年に離婚されています。

すごいきれいな方ですね。

なんでも1997年の国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞されたのだとか。

(引用:Y!News

裸でボールを放る姿は2010年のころ。引退した後ですが、これだけの肉体。

美男美女のお子さんはさぞ、かわいくなりそうですね。

離婚理由

離婚理由について具体的に示されたものは見つかりませんでしたが、インタビュー記事では格闘家転向の時も奥さんからは強く反対されていたことを明かしています。

再び野球にチャレンジすることになったときなども猪突猛進という印象でした。

恐らくそういった部分で溝ができてしまったのかもしれませんね。

現在は?

球界に戻ろうと決意して臨んだ2012年のトライアウトですが、残念ながら獲得球団は現れませんでした。

2013年に海外ハワイの独立リーグにてプレーし、シーズン後に引退。

2014年からはアスリートのセカンドキャリアの研究する大学に入り、現在は事業を展開されているようです。

wikiだけ見ていると間抜けな人という認識を持ってしまったのですが、先のインタビュー記事を見てみるとまた印象が変わりました。

ほかの畑を経験したからこそわかるものがあったと、それまでの自身を顧みて前向きに突き進む姿は応援したくなるものがありましたね。

今後成功して可愛い娘さんに会えるといいですね。

(参考:Number Web


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。