菊池奏仁くんへの虐待!?24時間TVで話題の動画!その真相!?

 


先日の24時間TV

様々な障害を持った方が目標に向かって挑戦し続けるという番組。

この番組はここ数年偽善。

お涙頂戴番組と揶揄されることが多いのも事実。

その番組で、「虐待ではないか!?」と騒がれるシーンがありました。

スポンサードリンク

虐待疑惑動画

youtubeで上げている方がいたのでちょいと借用。

確かにこの部分をみると見えなくもない。

しかしながら自分はリアルタイムで見ていたけど、「あっついとーちゃんやなぁ~。めちゃよろこんどる」くらいしか思いませんでした。

サッカー・水泳をして運動が大好きだった活発な自分の息子が突如歩くのも不自由になる事故にあった。

その息子が、3年のキツイリハビリを乗り越えて富士山を1合目から16時間以上かけて登頂できたという喜び。

その思いを考えると熱くならないわけないですよね!

菊池奏仁くんが富士登山に2年越しの挑戦!半身不随の原因とリハビリ!?

それが、ネットで見てみると「虐待」の文字がorz

リアルタイムで見た板自分としては、正直「なんだかなぁ~」ってのが印象。

ネットニュースなどで、「激怒」とか「バトル勃発」と書いている記事をみて、実際その映像を全部見てみると、たいして怒った感じもなかったり和気あいあいしていたり全く違う印象を抱くことが多いです。

今回も正直そういった感じなのかなと思いました。

この映像が殴っているとは私は思いませんが、親が子を殴る。

教師が生徒を殴る。

どちらでもその子を思う本当の気持ちがあればかまわないと思います。

スポンサードリンク

 

突如障がいを抱えてしまった息子。

障がいの軽重もあり、一概に言えるものでもありませんが健常ではない子を育てる苦労はよそ者に想像できるものではありません。

他人さまが一部をみて叩くようなことは違うと感じますね。

24時間TVに思うこと。

日本の24時間TVではギャラが発生しているというのが知られています。

対して、海外のチャリティー番組では有名人がノーギャラで出て出演しているというのを聞くと至極もっともな話。

毎年10億ほどの募金を集めています。

正直この番組がなかったとしてそれだけ集められるでしょうか。

調べていてちょっとびっくりした結果がありました。

ソースはその後探し出せなかったのですが、それは健常者の6割近く。障がい者の9割近くが番組に対してあまり良くないイメージを持っているということです。

制作側にはそういった事実があることをしっかりと踏まえてより良いチャリティー番組制作にあたっていただきたいですね。

 

もともと2chスラングのようですが「やらない善より やる偽善」

私はその精神でいきたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。