カヌーマンことジョン・ダーウィンの詐欺事件!マスコミにばれた理由が怖い!

 


イギリスで飛んでも事件が!

すでに情報がありましたが、カヌーで川下りしていた男性が行方不明となり5年後に現れたという事件。

結局は詐欺容疑で逮捕となったようでしたが、その理由が怖いと感じ概要を調べてみました。

スポンサードリンク

カヌーマン事件概要

・2002年刑務所の看守ジョン・ダーウィンが趣味であるシーカヤックで海にでかけ遭難
・翌2003年水死と判断され葬儀も行われ妻のアンには多額の保険金や退職金・遺族年金がはいる。
・5年後の2007年12月、ロンドンの警察署に現れ「自分には2000年から記憶がなく、今まで何処で何をしていたかが思い出せない
・「奇跡の生還」とイギリスのマスコミが報道し、「カヌーマン」として一躍時の人となった。
・その後記憶喪失がウソと分かり詐欺の疑いで逮捕。

っというものです。

元々ジョン夫妻は投資の対象としていくつか不動産を所有しており、そのため多額の借金を負っていました。

事故事態は本物だったようで、実際は1年後に帰ってていたようです。

しかしながら、そのままにして保険金を搾取したというもの。

なんでも、2人の息子には黙っていたようで隠せなくなりパナマへ移住することになります。

なぜばれたのか?

奇跡の生還」とイギリスのマスコミが報道することによって、注目がすごいことになります。

これだけ注目されていれば、何をするつもりでなくても使っちゃいますよね。

ネット。

そうです。とあるネットユーザが「John Anne Panama」で検索してみたところ「!?」な画像が!

それがコチラ。

スポンサードリンク

160818_JohnAnne

なんと、こちらの画像が今回話題になる2年前のパナマ移住のHPへも乗っていたという堂々ぶり。

きずかれないと思ったのでしょうか。(追記:パナマ移住の会社が無断でHPへUpしていたようです。)

なぜ警察へ?

なぜ彼は警察へ出頭したのでしょう。

さすがに偽名での生活や、子供たちに会えないことが堪えられなくなったのでしょうか。

その真相については残念ながら今のところ不明。

(追記:パナマでのビザ更新のために本人の身分証提示が必要になり、偽造身分証はリスクがあると考えたこと。子供たちに会いたい思いから記憶喪失を装ったようです。)

結局逮捕され、家族離散という憂き目にあうことになってしまったのです。

出所後の現在は?(追記)

事件がきっかけで奥さんと離婚。

奥さんは謝罪の手紙を息子たちに送り続け、何とか復縁することに成功したのですが父親を許すことはできなかったようです。

ジョンさんは現在フィリピンでひっそり暮らしている。

 

ネットからもろもろバレてしまう世界。

ネットに拡散された情報はなかなか消えることがありません。

ふと恐怖を感じた事件でした。

(参考:テレビ番組ガイド

他にもあった、過去を隠した恐ろしい事件⇒”ターシャ・フィールズ美しいシングルマザーの彼女の恐ろしい過去!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。