IVANがホームレスだった理由!なぜトップモデルから転落した!?

 


最近TVでよく見かけるIVANさん。

元モデルでオネェってことは知ってますが、ホームレスだった時期があるとか。

しかも、パリコレモデルの後にですよ!

ホームレスからパリコレではなくその逆でいわばまさしく転落!

なぜそんなことになったのか。

今回はしられざる!?IVANを調査です☆

スポンサードリンク

150817_ivan1

名前:Liera Manuel Ivan(リエラ マヌエル アイヴァン)
生年月日:1984年2月9日
出身:奈良県(国籍:メキシコ)
育ち:埼玉
公式ブログ:あいばんのOfficial Blog
Instagram:fresanaca
所属:N-weed

ブログのプロフ見ていたら、「詳細はwikiでみてね」ってのが受けましたw

ってことはだいたいあっているってことでしょうね。

スペインと日本人のハーフの父&メキシコ人の母の間に生まれ3人兄弟の2番目。

弟さんはドミニカ共和国でタレント活動もされているようです。

お母さんはクラブ歌手ということで、芸能家系のようですね。

150817_yuji

(左:弟 yuji)

 

生い立ち

生まれは奈良ですが、2歳の時に埼玉へ移り住み高校は渡米してカリフォルニアの高校へ進学します。

その間に母親が再婚しドミニカ共和国へ移住することになったのですが再婚相手の父親になじめず、IVANは日本へ帰国。

(母親は×4らしいです。。:参考:techinsight

2002年に帰国してからモデルとして活動をはじめます。

モデル時代

メンノンやPOPYE、SMARTなどの雑誌や東京コレクションへも出演されているようです。

2003年にはパリへ単身わたりパリコレへも出演するという快挙を成し遂げます。

185の高身長であれだけのスレンダーで美しさがあればうなずけますね。

なんでも、パリコレはトップモデル以外は全部自費らしいですね。

ギャラも現物支給。

ナオミ・キャンベルなどのTOPモデルであれば1往復で300万orz

どんだけの世界やねんて感じですね。

出ることでステータスが着き、TOPモデルにもなれば高額ギャラ。

なれずともそのステータスがあれば帰国後はギャラが跳ね上がるんだとか。

実際IVANさんも出られるかどうかわからないが、すべての仕事を断ってパリへ渡ったそうです。。

その賭けに勝ち、パリコレ前が33,333円のギャラが10万に上がったっていうから素晴らしい!

他にも、2007年からはペニシリンのHAKUEIさんプロデュースの元ロックバンドのボーカルとして活動をはじめます。

その時の動画がありましたので参考までに。

キムタクなどともプライベートで買い物に行くような仲だったようですが、転落は2010年から始まります。

ホームレス時代

なぜ華やかな世界から転落したのか。

歌手活動は方向性が違ったり金銭トラブルがあって、ある日不満が爆発して、荷物まとめて、当時住んでいた事務所の寮から飛び出したんです。(参考:ニコニコニュース

と語っています。

ただ、その裏にはメンズモデルとしてのIVAN演じているのにつかれてしまったというのがあったようです。

女性的な心を持ちながら、男を演じないといけない葛藤に苦しみます。

そして、一旦すべてから消えてしまいたいという根っこにある思いから行動におこしたようですね。

スポンサードリンク

あのヨーロッパの有名人。その苦しみは? ⇒ ”コンチータ・ウルスト髭の歌姫のイケメン画像と動画をチェック!

飛び出したはいいが行く場所もなく、新宿西口公園でホームレスのイロハを教えてもらうべく弟子入りを志願したんだとか。

日雇労働をするも、身体能力的に続かず炊き出しでお腹をみたし、路上に段ボールをひいて寝起きしていたそうです。

転機

そんな生活を3カ月ほどしていたころ、母が日本にビザの申請で来ていたときIVANさんの失踪を聞き東京中を探し回っていました。

たまたま母親の友人の近くで寝泊まりしていたことからばったり路上で出くわし号泣。

一緒にドミニカへ行くことに決めます。

そのドミニカでの生活ですべてがリセットでき、しっかりと自分自身の芯が掴めたとおっしゃっています。

ドミニカにわたってから2年半後にやはり日本の芸能界に心残りがあり帰国。

あらためて芸能界でやっていこうと奮起してカミングアウトし現在に至ります。

コチラの女装さんは? ⇒ ”ナジャ・グランディーバの本名や素顔!?まず見てほしい動画がコチラ!

感想

ホントに波乱万丈ですね。

いろいろ曝露話とかも深夜の番組ではされていたりもしますが、自分が何たるかをしっかり理解してらっしゃるのを感じます。

私自身もなかなか自分自身を認められない。自分が何たるかをまだまだつかめていない気がします。

やっぱり人ってホントのどん底を味わって上がってくるとより強く美しくなるもんなんだと感じました。

まだまだこれから!自分もがんばろっ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。